印鑑登録(実印登録)について

年中無休製造発送・激安はんこの東洋堂【印鑑登録について】
印鑑・実印の東洋堂トップ  >  印鑑登録について
年中無休で14時迄のご注文は土・日・祝日も毎日発送
印鑑・はんこ・スタンプ・ゴム印特急料金なし【大量注文】価格と納期をご相談下さい

印鑑(実印)登録について

印鑑登録(実印登録)とは個人の場合

印鑑登録をするご本人の住民登録がある役所に「自分の印鑑です」と届け出ることが「印鑑登録」で、この登録した印鑑が“実印”となります。
※15歳以上の人が一人につき1本だけ登録できます。

≫印鑑登録(実印登録)とは【法人の場合】

印鑑登録(実印登録)の手続き個人の場合

印鑑登録をするご本人の住民登録がある役所でのみ登録が可能です。
登録する印鑑の他に官公署発行の顔写真付き身分証明書(運転免許証・パスポート等)が必要になります。

印鑑・実印登録に最適なサイズは9〜25mmの印鑑です。

○実印登録できる印鑑
×実印登録できない印鑑
※以下の条件を全て満たした印鑑
・戸籍に登録してある本名の彫刻。
・9〜25mmの正方形に収まるサイズ。
 ※地域により20mm迄の場合あり。
・注文彫り(オーダーメード)である。
・柘、牛角、象牙など丈夫で長年使用でき
油(朱肉)で変形しないもの。
 
 
※以下の何れかに該当する印鑑
・住民登録に記載されていない氏名。
・姓や名に誤字がある場合。
・ゴム印、スタンプ等変形しやすい。
・印影を鮮明に表わしにくいもの。
・注文彫りでない既製品(三文判)
・割れ、欠け、ヒビがあるもの。
・職業、資格、その他氏名以外の事項を表しているもの。
※上記は一般的な例であり、地域により若干異なる場合があります。
※詳しくは、登録をするご本人の住民登録のある市区町村役場にお問合せ下さい。

実印の選び方

男性はフルネーム(苗字・名前)で彫刻するのが非常に多く一般的です。

女性は苗字が変わる事が多いため名前だけでお彫りするのが一般的です。

東洋堂実印サイズ人気表

※苗字のみで作成すると一族内で重複する可能性があるので気をつけましょう。

※万が一に備え、実印と銀行印は別々に作ることをお勧めします。

はんこ豆知識
普段よく見るお札にも印鑑(印影)が印刷されているのをご存じですか?
印鑑のサイズを選ぶ参考にしてみてください。

赤色で印刷されている方
左の画像(A)は15mm

朱色で印刷されている方
右の画像(B)は13.5mm


印鑑は「フルネーム」「苗字」「名前」のどれで彫るのが良いの?

実印はフルネーム、銀行印には苗字または名前のみが一般的とされていますが、

実は男女共に実印・銀行印には「フルネーム」がおすすめです。

実印・銀行印は財産/資産を管理する上でとても重要な印鑑です。取り扱いには十分気をつけたいもの。家族間での共有や間違って使用する事を避けるために、実印・銀行印はフルネームで作るのが適しており、女性も出来る限りフルネームで作るのが好ましいです。

また、印鑑の紛失・盗難にあった場合に備えて実印・銀行印は別々の印鑑を使用しましょう。どちらかが手元にあれば、再登録・再発行が比較的スムーズに行えます。

【 当店では13.5mm以上の印鑑は全てフルネーム彫刻が可能 】

フルネームと苗字のイメージ画像

彫刻料金は変わりません。(※一部例外あり)
是非フルネームでお申し付け下さい。

苗字だけの印鑑は家族内の重複が起こりやすくキケンです!
文字数が増えれば偽造防止に一役かいます。


もしフルネームが難しい時は、書体を「印相体」にしましょう。
印相体は他の書体に比べ、文字の違いを出しやすいため印鑑に最適な書体です。


印鑑証明の取り方個人の場合

印鑑登録をすると「印鑑登録証(カード型が多い)」が発行され、
以後、この印鑑登録証と申請書で本人、あるいは委任状を渡された
代理人が 「印鑑登録証明書(印鑑証明)」を発行してもらえます。

実印が必要な契約書に実印を捺印し、この印鑑証明を添付する事で
「持参した印鑑が実印」であることを証明する仕組みになっています。

重要な契約では、実印・印鑑登録証明署の両方が必要になります。

印鑑登録証
印鑑登録証明書(印鑑証明)

【実印でなければならない場合】

・公正証書の作成(金銭消費貸借証書、契約書、遺言状、金銭債務確保の証拠書類等)
・不動産の取引(土地、建物などの売買や抵当に入れる時)
・遺産相続の時
・法人の発起人になる時
・官公庁での諸手続き(恩給、供託など)
・自動車や電話の取引(電話加入権の売買や担保に入れる時)
・保険金・保証金の受け取りなどの他、婚姻届、出生届。

など、人生の節目に使う機会が多い印鑑となります。

印鑑登録(実印登録)とは法人の場合

会社設立時に法務局へ印鑑を提出することを印鑑登録(実印登録)といい、提出をした印鑑を会社実印(別名:代表者印)と呼びます。

また、その印鑑が会社の実印であることを証明するものを印鑑証明書といい、印鑑証明書を取得するには個人の印鑑登録と同様に届出後に交付される「印鑑カード」が必要です。

印鑑登録できる印鑑のサイズは、一辺が10mmより大きく30mmより小さい正方形に印影がおさまるもの。また、欠けや傷があるものは受け付けてもらえません。

印鑑を提出する場所は、会社の所在地(本店)を管轄する法務局、もしくは地方法務局になります。登記申請と同時の提出も可能です。
登録した印鑑を変更するときは、登録と同じ要領で「印鑑(改印)届書」を提出して改印を行います。

会社実印・会社銀行印・会社角印印影イメージ

法人印(会社印)で気をつけること

寸胴と天丸のイメージ写真

実印と銀行印は印影が似ていますが、それぞれ専用の印鑑を用意しておくことでトラブル対策になります。見分けやすいように印鑑の形状を寸胴と天丸で使い分けると便利です。

実印・銀行印を紛失・盗難した場合の対処

直ちに各所へ印鑑の使用停止を連絡し、紛失届を出します。
この時、実印と銀行印を1本の印鑑で併用していると、両方の対処をしなければならない上に、新たに印鑑を用意することになるので改印に時間がとてもかかり、業務に支障をきたすことも考えられます。
印鑑が別々であれば、手元にあるどちらかの印鑑を使い変更の届出をすぐに行うことができます。 この小さな事が会社の危機管理へと繋がります。

≫印鑑登録(実印登録)とは【個人の場合】



東洋堂e-shopご注文に関して
年中無休毎日発送

土日祝日・年末年始・GW毎日製造発送します

14時までのご注文は即日発送可能。

※対象商品に限ります。※大量注文(10個以上)や、14時を過ぎても校正未完了、先払いが未決済の場合を除く。

配送について
返品について
象牙製品の取り扱いについて
決済方法について
決済方法について
セキュリティーについて
個人情報について

ネット通販部情報 【年中無休】365日製造発送

販売業者:株式会社 東洋堂(創業37年) 西船本部店2F ネット通販部
〒273-0031 千葉県船橋市西船4-2-10
TEL: 代表 047-435-2285  050ダイヤル 050-3531-4190 (NTTのIP電話)
FAX: 047-435-0127  FAXでもご注文可 FAX注文用紙はこちら(PDFが開きます)
メール
お問合せ受付時間: 平日10:00〜17:00 日・祝10:00〜16:00

東洋堂ネット通販は365日営業中 【年中無休で毎日発送】
東洋堂ネット通販部