お手入れ・保管方法・実印登録の方法をご案内〜印鑑のお手入れ

年中無休営業・激安印鑑の東洋堂【印鑑の取り扱い】
  • 印鑑・実印・はんこの東洋堂は年中無休で即日発送
  • 全てのお問い合わせ
    東洋堂e-shopへメールで問合わせ
    東洋堂e-shop FAX専用注文用紙(PDF)
印鑑の東洋堂公式サイト  >  はんこ百科事典  >  印鑑の取り扱いについて

お手入れ・保管方法

印鑑は極度に湿った場所・乾燥した場所を避け、温度差が少なく、直射日光があたらない風通しの少ない場所へ保管しましょう。
金庫など密閉された空間であるなら、乾燥剤を入れるなどして湿度を調整するといいでしょう。

■拓殖印材の場合
朱肉の原料は主に油です。
この油がしみこむと、印材が傷んで印鑑の枠の部分が欠けやすくなります。必ずティッシュなどで印面についた朱肉をふき取りましょう。
使用後は皮袋か印鑑ケースにいれ、日陰で湿気の少ない場所へ保管してください。

■黒水牛・オランダ水牛の場合
水牛印鑑の場合は使用後のケアよりも保管方法に気をつけてください。
水牛の角を好んで食べる虫もいますので、使用後は印面の朱肉を紙などでふき取り、印鑑ケースに入れて保管するようにしましょう。
また、保管場所として最適なのは、低温でホコリの少ない場所です。
印材の縮みを不是具ために、年に一度は椿油を塗って油分を補給してあげるといいでしょう。
ただし、朱肉の油を吸いすぎると良くありませんので、柘などには塗らないでください。

長く使用している印鑑で印影が移りにくい場合は、使い古した歯ブラシで軽くしごいて目詰まりしているゴミやホコリを取り除きましょう。
また、それほど使用していない印鑑の場合は、歯磨き粉をつけて歯ブラシで磨くとある程度の汚れが落ちるでしょう。


実印登録の手続き

印鑑登録は、住民票が存在する市町村の住民基本台帳に記録されているものに限られ、本籍地や実際に住んでいる場所での登録はできません。
また、通称名での登録もできません。

例)
戸籍上「東洋太一」という男性が、字画が悪い等といった理由から「東洋太市」と名乗っているとします。
しかし「東洋太市」は【住民基本台帳(住民登録)に記録されている氏名ではない】ため、「東洋太市」という印鑑は登録できません。
もし登録するのであれば、「東洋」だけの印影にするか、「東洋たいち」として登録しなければなりません。

住所変更をした場合

たとえ同じ町内であっても、住民票の住所変更手続き(転居手続き)と印鑑登録の住所変更の二つが必要となります。


トラブルを防ぐ為に

湿気や温度変化といった環境の変化や、虫などの外的から印材(ハンコ)を守るのがケースの役目です。
逆に言えば、ケースなしで保管するのは印鑑の寿命を縮めるようなもの。
ところが、このケースが裏目に出るトラブルも少なくありません。
ケースの上下を間違えて開けたために、大切な印鑑を落として破損させてしまう事があるからです。
そうならないためにもケースの上下を判別する方法を覚えておきましょう。

まずはケースを水平に持ち口金の部分を見ると、左右のどちらかに一本線がはいているか、二重玉になっているはすです。
その印のある方の口金が右にくるようにして開ければ、必ず上下正しく開くようになっています。
口金に印が無い場合は購入する際にお店で尋ねてみてください。


印鑑通販の東洋堂e-shopご注文に関して

ネット通販では、お客様に安心ご満足頂けるよう様々なサービスをご提供しております。

お電話によるお問い合わせ

FAX注文用紙はこちら(PDFが開きます)

メール

東洋堂の会社概要