印鑑の取り扱い方法をご紹介〜印鑑のあれこれ

年中無休営業・激安印鑑の東洋堂【印鑑のあれこれ】
  • 印鑑・実印・はんこの東洋堂は年中無休で即日発送
  • 全てのお問い合わせ
    東洋堂e-shopへメールで問合わせ
    東洋堂e-shop FAX専用注文用紙(PDF)

押印する場所は?

「印」と記されたマークが無い時に、押印する箇所について迷われた方もいらっしゃると思います。契約書に押印する時、皆さんは下記の1〜3の内どの場所を選んでいますか?
正しい場所はどこでしょう。

押印場所のイメージ

実は、全て正解であり、法律上はなんら制限がないのです。しかしわかりやすさの点から推奨されるのは、文字(署名など)の後ろに押印する方が良いとされています。

誰が押印してもかまわない?

印鑑を所有するご本人自身が押印するのが一番です。
しかし、やむおえない理由で押印が出来ない場合には、代理人に委ねることも可能です。法律上では「代行」という方式と呼ばれます。代理人に委ねる場合には、本人確認が必要になる場合もありますので、事前に確認するか“委任状”を用意することをお薦めします。

委任状のイメージ

可能であれば、署名・捺印・住所>を記載した方が証拠能力が最も高くなります。
ただし、「代行」にはトラブルを招くケースも少なくはありませんので、必ず信頼のおける方に委ねましょう
見ていないところで押印が行われる場合にありうるのは、余分な箇所にまで押印されてしまい、事前に知らされていた内容と差異が出来てしまったというケースです。「代行」の場合でもご本人自身が押印したものとみなされる為に回避できないということもありますので十分にご注意ください。

身内の形見の印鑑は使える?

実印登録する印鑑は「住民基本台帳に記載されている氏名・氏もしくは名または氏名の一部を組み合わせたもので表したもの」と法律で決められています。
個人の姓名入りの印鑑は、同姓同名でない限り実印にはできません。
姓だけが彫られたものなら実印でも銀行印でも登録できますが、個人がいつどこでどんなものに捺したか分からないものを登録するのは危険です。

どうしても形見を受け継ぎたいのであれば、専門店で「改刻」してもらうと良いでしょう。
印面を直すため、丈が少し短くなりますが、大切な思い出が減ることはありません。

使わなくなった印鑑はどうする?

印鑑の破損や、結婚して姓が変わるなど新しい印鑑への切り替え時に、“旧印鑑”をどのように処分していらっしゃいますか?
不要になったからといえど、今まで捺印してきた印鑑に様々な想いもあるでしょう。ましてや、実印や銀行印などをそのまま処分することに対して不安を持たれる方もいらっしゃると思います。
では、正しい処分の方法はどのようにすればいいのかをご説明致します。

「印鑑ではなく“印材”にする」

大事にしていた印鑑ほど「持ち主の気が宿る」といわれています。その言葉の通り、如何なる決断の時にも自分を証明してくれていた印鑑は「あなたの分身です。
まずは処分の前に、お持ちの印鑑から、”気”を抜いて分身としての役割を終えさせてあげることが最善とされています。
気を抜く為には、感謝の気持ちを表すといわれる「白い紙(もしくは布)」に包み、印鑑が休まるようにしてあげましょう。そして、仏壇か神棚のそばに1年ほど置いてあげてください。場所が用意できない場合には、タンスや引き出しなどに入れて、“気”を抜いてあげるのもお薦めです。
気が抜けた後の“印材”は、そのまま処分して頂いて構いませんが、念のために硬いもので印面を削ったり砕くと良いでしょう。
もしくは「印鑑供養」というサービスを利用して処分する方法も御座いますので、是非チェックしてみてください。

良い印鑑と悪い印鑑

良い印鑑」とは、傷や変形のない印鑑のことを指します。
悪い印鑑」とは、偽造される可能性が高い印鑑のことを指します。
つまり、傷や変形があると、印影を鮮明に判別することが難しいために悪用されてしまう可能性がグンとあがります。印鑑の材質や状態にもよりますが、お彫り直しや新調など、もしもの時の為に考えておくことも大切です。
印鑑のセキュリティーを守るためにも、印鑑の扱いには十分に注意しましょう。


印鑑通販の東洋堂e-shopご注文に関して

ネット通販では、お客様に安心ご満足頂けるよう様々なサービスをご提供しております。

お電話によるお問い合わせ

FAX注文用紙はこちら(PDFが開きます)

メール

東洋堂の会社概要