印鑑の取り扱い方法をご紹介〜印鑑のあれこれ

年中無休営業・激安印鑑の東洋堂【印鑑のあれこれ】
  • 印鑑・実印・はんこの東洋堂は年中無休で即日発送
  • 全てのお問い合わせ
    東洋堂e-shopへメールで問合わせ
    東洋堂e-shop FAX専用注文用紙(PDF)

押印する場所は?

法律上はなんら制限がありません。
しかしわかりやすさの点から、文字(署名など)の後ろに押印する方がいいでしょう。

誰が押印してもかまわない?

印鑑を所有する人が押印するのが一番ですが、所有人本人が押印を委せるというのであれば、それは代行方式と呼び法律上有効となります。

身内の形見の印鑑は使える?

実印登録する印鑑は「住民基本台帳に記載されている氏名・氏もしくは名または氏名の一部を組み合わせたもので表したもの」と法律で決められています。
個人の姓名入りの印鑑は、同姓同名でない限り実印にはできません。
姓だけが彫られたものなら実印でも銀行印でも登録できますが、個人がいつどこでどんなものに捺したか分からないものを登録するのは危険です。

どうしても形見を受け継ぎたいのであれば、専門店で「改刻」してもらうと良いでしょう。
印面を直すため、丈が少し短くなりますが、大切な思い出が減ることはありません。

使わなくなった印鑑はどうする?

印鑑はあなたの分身です。
たとえ使わなくなったとしても、きちんと処理していなければ決して良い運を引き寄せることはありません。

まず、白いものに包んでください。
白いものであれば布でも紙でもかまいません。
そしてなるべくなら仏壇か神棚に置きましょう。どちらもないご家庭ならタンスや引き出しの中でもいいでしょう。
要は、白いものに包んで大切にしまっておくという感謝の行為が大切なのです。

印鑑の呼び名

印鑑、印章、印形、印判、印、ハンコ(判子)など、はんこについて色々な呼び方がされています。
正しくは押された跡を「印影」と言い、木や石、水晶などでできた本体を「印章」といいます。
この二つを合わせてハンコ、判、印、印鑑と呼んでいるのです。

良い印鑑と悪い印鑑

良い印鑑とは、傷や欠落している箇所のない印鑑を言います。
傷がついていたり、縁が欠落していたりしていると、その印影が鮮明でなくなるため偽造の可能性が増えてきます。

良い印鑑か悪い印鑑かの区別は、偽造される危険性が高いか低いか、その可能性があるかないかということです。


東洋堂では様々な材質の印鑑を取り扱っております

本柘、楓などの木の印鑑、水牛・牛角などの天然素材、
人気急上昇中のチタンなど、多種多様な印材を多数ご用意しております。
是非、お客様の目的に合った印鑑をお選び下さい。

  • あかね
    あかね
  • 薩摩本柘
    薩摩本柘
  • 御蔵本柘
    御蔵本柘
  • 楓(かえで)
  • 黒楓
    黒楓
  • アグニ
    アグニ
  • 芯持黒水牛
    芯持黒水牛
  • 牛角(色付)
    牛角(色付)
  • 牛角(純白)
    牛角(純白)
  • 純チタン印鑑
    純チタン印鑑
  • プレミアムチタン
    プレミアムチタン
  • 風水印鑑
    風水印鑑
  • 和柄はんこ
    和柄はんこ
  • 蒔絵印鑑
    蒔絵印鑑
  • 水晶の印鑑
    水晶系
▼印鑑マップへ▼
印鑑通販の東洋堂e-shopご注文に関して

ネット通販では、お客様に安心ご満足頂けるよう様々なサービスをご提供しております。

お電話によるお問い合わせ

FAX注文用紙はこちら(PDFが開きます)

メール

東洋堂の会社概要